HIMIKA Project

About HIMIKA Project

2012年1月、私たち(普後 均、魚本 勝之、劉 敏史)は、
写真実験グループ「HIMIKA Project」を結成しました。
私たちは、個々それぞれが新たな写真表現を求め、そして模索しながら作品を制作しています。
しかしその一方で、グループにしかできない表現方法があるのではないかという対話の中から
この「HIMIKA Project」は生まれました。

グループで作品をつくることにより、
写真においての視点、視覚、時間、場所のことなど鮮明に見えてくるものがあるはずです。
また、今まで気がつかなかったような写真の本質を知ることになるかもしれません。
その結果、写真表現の地平に広がりを与えることになると、私たちは考えています。

Hitoshi FUGO / 普後 均

1947年生まれ。日本大学芸術学部写真学科卒業後、細江英公に師事。
1973年に独立。
作品に、「遊泳」「暗転」「飛ぶフライパン」「ゲームオーバー」「見る人」
「KAMI /解体」「ON THE CIRCLE」など。
写真集に、『FLYING FRYING PAN』(写像工房)、
池澤夏樹との共著に、『やがてヒトに与えられた時が満ちて……』(河出書房新社)。
国内・海外での個展、グループ展多数。
パブリックコレクションに、東京都写真美術館、北海道立釧路芸術館、
京都国立近代美術館、フランス国立図書館など。
2010年度伊奈信男賞受賞
写真集『ON THE CIRCLE』(赤々舎)2012年7月7日刊行

Minsa YOU / 劉敏史

1974年 京都市生まれ。 人間とは、写真とは、写真家とはを写真に問うヒト。
10代半ばより国内外を旅する。いくつかの職業を経て、独学で写真を始める。
作品に、旅を題材にした「The END」(2001年)、
エチオピアのオモ渓谷に住むエスニックグループ・Hamarのポートレートを題材にした
「ユビクヰタスキアスム 」(2005年)、
先端科学、素粒子加速器を題材にした「−270.42℃, My cold field」(2011年)を発表。
国内・海外での個展、グループ展多数。 Visual Arts Photo Award大賞を受賞(2005年)。
出版には、写真集『果実』(リコシェ)がある。
パブリックコレクションに、清里フォトアートミュージアム 、ハンブルク大学、
amanagroupなど。

Katsuyuki UOMOTO / 魚本 勝之

1960年生まれ。専門学校桑沢デザイン研究所卒業後、
グラフィックデザイナーとして活動しながら、2006年から独学で写真を始める。
2007年に写真作品「Catch me if you can」でキヤノン写真新世紀佳作
「写真新世紀東京展2007」(東京都写真美術館)展示。
2009年より普後 均写真ワークショップに参加
「都市と人」をテーマに作品を制作中。